スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Peripheral Equipment #1

歴史上ライカのカメラは頑丈さと工作精度の高さで、戦場等のタフな環境での使用にも耐えてきた。関連書籍やネット上の書き込みにもそうした情報が多い。確かに昨年11月にM-Pをレンズと共に購入してから、触るたびに手の平を通して伝わる質感や操作感は持つものをウットリさせるほどの頑固さや存在感を伝えてくれる。しかし・・・・である。いくら頑丈であっても高価な対価を支払って手に入れた代物。よくライカのカメラを買った人の感想には、「清水の舞台から・・」の書き込みを見かける。自分の場合はレンズも一緒に購入したので、「清水の舞台の上に建つ本殿の屋根の上から飛び降りた」気分である。そんな機材を無垢のまま持ち出す勇気はとてもじゃないが湧かず、およそ一ヶ月の間コツコツと保護グッズをネット通販で集める羽目になった。


レンズフィルターはデジタルコートされたマルミ光学のDHGスーパーレンズプロテクト46mm


M-P1.jpg



ulyssesのハンドメイドボディースーツとストラップ。ホールドしやすく、本革の手触りが気に入ってます。


M-P3.jpg



M-Pの液晶はサファイアガラス採用で、滅多なことでは傷はつかないと思われるが、精神衛生上よくないので硬度9Hを誇る高透過クラウンガラス(化学強化ガラス)を素材に採用したケンコーの液晶保護ガラスを着用する予定。


M-P2.jpg


※3枚ともEOS5D+EF24-70 f2.8 L で撮影



コメント

Yukaten  様

記事拝読させて頂きました
愛機への思い伝ってきます
お写真ですが・・・・
一枚目
ストラップの本革の手触り感が伝ってきます
二枚目
カメラの下に置かれた洋服・・・
とても素敵なアイデァだと思います
右手から差す光でカメラの質感・ハンドメイドボディースーツとストラップ質感だけではなく洋服の質感まで表現されています
三枚目
カメラ雑誌とカメラ・・・
私も時折自宅で雑誌等を撮影しています
とても勉強になりました
有難う御座います

過去のコメントにはお返事は要りません
ご病気ではといつも心配しています
非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。