スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Photo Walk #47

最近身近な人やネットのブロガーさんのハードディスク・クラッシュが急増しています。
パソコンは、元々熱や振動に弱い電子機器であって、温暖化の進行する近年の暑い夏には、全国でたくさんのトラブルが発生します。その中で最も多いのがハードディスク・クラッシュ。夏期だけでなく、暖房の効いた室内でも条件は同じですが、夏場暑いときには特に増えてきます。パソコンのハードディスクの寿命は、3年とも5年とも言われていますが、元々HDDほど当たり外れの激しい部品はないでしょう。機器の出来不出来や使用環境によって極端に差がでます。工場出荷の時点から不良品の場合もあり、輸送中に受けたダメージで壊れることもある。新品で購入したばかりのパソコンが壊れているなんて考えもしないので、当然スキャンディスクやチェックディスクを実行して調査するなんてこともしない。


#146


ハードディスクを長期間使っていると、ディスク表面に傷がついたり、信号系統に異常が発生したりと、物理的に故障する確率が高くなります。些細な異常なら、自動的に修復してくれます。たとえば、ディスク表面の1か所に読み書きできない微少な傷がついただけならば、その部分を読み書きできる対象領域から外す。(「不良セクター」として認識される。)
しかし、あちこちに傷がつくと、修復が困難になり、致命的なエラーを引き起こすことがある。ハードディスク・クラッシュは、HDDの記録面にこうした傷がつき、物理的に機能しなくなること。使っている身にとっては、直前まで正常に動作していたのに、急にハードディスクが壊れたように見える。しかし、多くの場合は、かなり以前から、こうした傷が発生し何度も修復されていたのである。この状態を見抜けるかどうかが、悲惨な状況を回避するポイントなのだが、そこまでチェックしないのが普通ですね。


#142


前ブログ(EOS5D時代)には撮った写真は即座にDVD2枚とHDDに保存していたのだが、面倒なので最近は外付けHDDのみにしか保存していない。この夏バックアップ用HDDを購入しようかどうしようか結構真剣に考えている。


#230

コメント

yukaten様

一枚目
狭い川
その川沿いに建つトタン張りの家
狭い空間を活かし洗濯干場工夫されています
人々の暮らしと共にある川
その光景を表現されています
川面に映り込む建物は現実とはまた異なる魅力に溢れています

二枚目
「つばめ」の文字があるガラス窓
そこにはこの店舗の前に建つ建物が映り込んでいますね

三枚目
売り切れ・・・その文字にある赤線
それが印象的です
店主さんの誠実なお人柄を感じます


りら さん

ここは和歌山市にある「ぶらくり町」という
昭和の香りがプンプンする情緒ある商店街です。
こちらの年配者がよく歌う「和歌山ブルース」という
歌にまさしくマッチし、廃れた雰囲気が楽しめる
よき場所ですね。
私が今住んでいる町を含めて地方都市の古い商店や
町並みが消えつつあるのは寂しいことです。
ここも後しばらくでシャッター通りになる運命かと
思いますが、時折撮りに出かけたいと考えています。
各写真についての丁寧なコメントをありがとうございます。

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。