スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nara Prefecture #7

#194


まほろばキッチンに野菜を買い出しに行ったついでに、近くにある三輪山(大神神社=おおみわじんじゃ)を訪ねました。古来本殿は設けずに拝殿の奥にある三ツ鳥居を通し三輪山を拝するという原初の神祀りの様を伝える我が国最古の神社です。創祀(そうし)に関わる伝承が『古事記』や『日本書紀』の神話に記されています。『古事記』によれば、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)が出雲の大国主神(おおくにぬしのかみ)の前に現れ、国造りを成就させる為に「吾をば倭の青垣、東の山の上にいつきまつれ」と三輪山に祀まつられることを望んだとあります。


#193


『日本書記』でも同様の伝承が語られ、二神の問答で大物主大神は大国主神の「幸魂(さきみたま)・奇魂(くしみたま)」であると名乗られたとあります。そして『古事記』同様に三輪山に鎮まることを望まれました。この伝承では大物主大神は大国主神の別の御魂みたまとして顕現(けんげん)され、三輪山に鎮まられたということです。県内でも最強のパワースポットとしても有名で、猛暑ともいえるこの日も多く参拝者が訪れていました。


#196



スポンサーサイト

Photo Walk #50

かつて商店街の活性化のためにところどころに飾られたのであろう写真を見かけました。写真はよくできていて作品としてなかなか面白く、その当時は輝きを放っていたのかと思われます。今はよほど気をつけて歩いていないと見つけることができませんが。



#229

Aichi prefecture #2

#179


2016年の『土用丑の日』は7月30日(土)ということで鰻の写真。せっかく名古屋方面へ来たのだから鰻を食べようということになって犬山市の人気店「大安」へ。三河一色産鰻の備長炭仕上げを謳うお店です。人気店なのか暑い中30分ほど表で待たされて入店。店内は満席でした。鰻重か鰻丼に心惹かれたのですが、ヨメさんがひつまぶしを食べたことが無いというので二人前注文。四等分して四杯に分け、一杯目はそのまま頂く。二敗目は薬味をのせて頂く。三杯目は出汁をかけて頂く。四敗目は好きな食べ方で頂く。という毎回味を変化させるポピュラーな段取りで味わいました。


#178


名店らしく鰻の焼き方もタレも申し分なく、とてもおいしく頂いたのですが、次回もしどこかで食べる機会があったらやっぱり鰻重を食べたい。というのが正直なところですね。お土産は「ういろう」の大野屋本店で求めましたが、ういろうはじめ各種和菓子が試食できてこれが結構楽しめました。


#177


Photo Walk #49

#167


「トタン=鉄板に亜鉛をめっき」「ブリキ=鉄板にスズをめっき」という知識ぐらいはかろうじて記憶にあります。金属のイオン化傾向がどうとかというのを習ったことありましたよね。イオン化傾向=溶けやすさ(反応のしやすさ)で、亜鉛(Zn)>鉄(Fe)>スズ(Sn)の順番だと思います。

さびやすいのは、トタン
さびにくいのは、ブリキ 

これは正しい答えですね。ところが、傷がつくとこれが逆転してしまいます。トタンの方が強くなるんですね。傷つく=メッキが剥がれる、ことになり鉄と亜鉛の両方が水にさらされてしまいます。亜鉛が先に溶けて鉄はそのあとに溶ける。だからトタンは屋根やバケツなど傷つきやすいものに使われます。一方のブリキは缶詰の内側。これは、「缶詰は明けるまでが勝負」と「スズは人体に害が少ない」との理由ですね。トタンは被写体として面白いのですが、錆びたトタンを見るたびイオン化傾向の授業を思い出します。


#171

Aichi prefecture #1

#205


名古屋での研修が終わって、宿泊したのはお隣の犬山市。この犬山城を訪れたかったのがその理由です。木曽川の南岸にそそりたつ犬山城は、今から470年ほど前、織田氏によって築かれました。別名「白帝城」といわれており、日本最古の天守閣は国宝に指定されています。


#213

Photo Walk #48


#203


土曜日の早朝、実家へ行く前に藤原宮跡の蓮が見ごろだというので様子見のために立ち寄りました。写真が目的というよりは生で見たいと思って早朝散歩のつもりで訪れました。しかし朝の5時半だというのに50人程のカメラマン。みんな望遠レンズにマクロレンズ、三脚の重装備です。小さなレンジファインダーのみの私を見て「そんな頼りないカメラでは蓮は撮れんぞ」という心の声が聞こえてきそうな視線に耐えながらも数カットだけ撮って後は目で楽しみました。昨年までは皆さんと同じようにレンズがぎっしり詰まった重いバックを背負って写真を撮ってたんですよー、と小さく呟きながら・・・。1枚目右上に見える山は畝傍山。


#204

Photo Walk #47

最近身近な人やネットのブロガーさんのハードディスク・クラッシュが急増しています。
パソコンは、元々熱や振動に弱い電子機器であって、温暖化の進行する近年の暑い夏には、全国でたくさんのトラブルが発生します。その中で最も多いのがハードディスク・クラッシュ。夏期だけでなく、暖房の効いた室内でも条件は同じですが、夏場暑いときには特に増えてきます。パソコンのハードディスクの寿命は、3年とも5年とも言われていますが、元々HDDほど当たり外れの激しい部品はないでしょう。機器の出来不出来や使用環境によって極端に差がでます。工場出荷の時点から不良品の場合もあり、輸送中に受けたダメージで壊れることもある。新品で購入したばかりのパソコンが壊れているなんて考えもしないので、当然スキャンディスクやチェックディスクを実行して調査するなんてこともしない。


#146


ハードディスクを長期間使っていると、ディスク表面に傷がついたり、信号系統に異常が発生したりと、物理的に故障する確率が高くなります。些細な異常なら、自動的に修復してくれます。たとえば、ディスク表面の1か所に読み書きできない微少な傷がついただけならば、その部分を読み書きできる対象領域から外す。(「不良セクター」として認識される。)
しかし、あちこちに傷がつくと、修復が困難になり、致命的なエラーを引き起こすことがある。ハードディスク・クラッシュは、HDDの記録面にこうした傷がつき、物理的に機能しなくなること。使っている身にとっては、直前まで正常に動作していたのに、急にハードディスクが壊れたように見える。しかし、多くの場合は、かなり以前から、こうした傷が発生し何度も修復されていたのである。この状態を見抜けるかどうかが、悲惨な状況を回避するポイントなのだが、そこまでチェックしないのが普通ですね。


#142


前ブログ(EOS5D時代)には撮った写真は即座にDVD2枚とHDDに保存していたのだが、面倒なので最近は外付けHDDのみにしか保存していない。この夏バックアップ用HDDを購入しようかどうしようか結構真剣に考えている。


#230

Photo Walk #46

#217


昨夜はモノクロだったので、今夜は赤い被写体を。leicaMはM9ほどでは無いにしろ、赤が派手目な色がでます。やや現実離れした朱色ですね。いつものことですがレタッチは施していません。DNG(RAW)のストレート現像。


#218


ここは犬山城の麓にある三光稲荷神社。麓にはいくつかの神社がありますが、国宝・犬山城を訪れる人が多いので、これらの神社も結構賑わっています。犬山城の黒門跡につながる場所にありとても風情があります。ただ、構図に工夫が足りずに平凡な写真になってしまいました。


#216


Photo Walk #45

#163


父(わたし)は空のペットボトルを持って水越峠の祈りの滝に湧水を汲みに出かけました。同乗した息子は滝の横の小川で漂うポケモンをゲットしました。息子は勇者を育てるため旅に出て二里ほど歩いて我が館に戻ってきました。おかげでそのポケモンはすくすくと成長し、家の近所のポケモンジムを占拠して戦いを挑む多くの敵を倒しました。一度攻めとられたのですが再度戦いを挑み、再び我が居城(ポケモンジム)となりました。この物語は今後どういう展開になるのでしょうか。想像がつかない分心配ににもなります。それほど熱中して大丈夫か息子よ・・。


#32

Photo Walk #44

#59


この頃暑さが厳しいので、どこかの町に立ち寄ってのフォト・ウォークが億劫になっています。野菜買い出しついでの県内のお手頃な神社仏閣・名所旧跡で手をうってしまってます。知り合いが「この頃何してる?」と聞くので、「お寺とか神社で写真撮ってる」と答えると「なんだ、その枯れた趣味は・・」と言われてしまった。街中お散歩写真の在庫も減ってきたことだし、何とかしたいのだが、こう暑いとなぁ・・。


#58


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。